痛風を最短で解消するレポート

「ビールを飲んでも大丈夫」な無理のない痛風克服方法

  



尿酸値の恐怖


食事のときに尿酸値が気になって、おいしさを感じられない。

制限されてしまった食事は、とても味気なく虚しさを覚えます。

確かに暴飲暴食は危険です。

しかし、正しい摂取方法と摂取量を知っていれば、ビールを飲んでも大丈夫です。

貴方が痛風の痛み・悩みから解放されたいと望むなら、

貴方に必要なことは、痛風と向き合うこと、痛風を知ること、痛風の正しい克服方法を実践することです。

ここには痛風の症状を、ご自宅で自然に無理なく解消・克服する方法があります。


なんで?男だといけないの?


ある大学の調査によれば痛風患者の98.5%が男性で、女性はわずか1.5%に過ぎなかったというデーターもあります。

ひとつにはアルコール摂取が女性には少ないからだと考えられるかたもおられるかもしれませんが、
確かにそれも一因ではあるかも知れません。

最大の理由は痛風の原因である血液中の尿酸値が女性では明らかに男性より低いからだといわれています。

これは女性ホルモンには腎臓から尿酸を排泄させる作用があるからだとされています。

「30代の太り気味の男性」

これだけで、充分に痛風の予備軍と言えるでしょう。


合併症も合わせて気にする必要


痛風はその耐え難い関節炎発作のため、「痛み」ばかりが注目されてきました。

しかし、高尿酸血症を持つことによって本当に問題となるのは長期に渡る合併症です。

合併症は自覚症状がない場合も少なくありません。

症状がないからといって油断は禁物です。

さらに、痛風に似た症状として、

A型(偽痛風発作型)
B型(偽性関節リウマチ型)
C型(偽性変形性関節炎型)
D型(偽性変形性関節炎型)
E型(無症状)
F型(偽性神経障害性関節症型)

などの疑いもありますので、病院で一度検査をしていただくことをお勧めしています。


なぜ自宅で自然に痛風を克服できたのか?


ほとんどの方が、毎日食事をされると思います。

痛風の克服には、毎日の食事が重要なのです。

毎日食事をするのですから、必然的に痛風解消法を毎日続ける必要が出てきます。

克服に成功した全員に言えることは、痛風克服の方法をしっかりと続けていたという事です。

身内以外の他人から「●●は続いていますか?」と声をかけられると、何か続けていない自分に後ろめたい気がするものです。

それこそが続けられる要因の一つであり、

「一人だけでがんばってるんじゃないだ」
「自分には、困ったときに頼れる人がいる」

など、精神的に安心できることが重要なのです。

だから、続けていただく動機(きっかけ)として、このレポートを活用していただいたのです。

ぜひ、貴方もこのレポートを利用してください。

痛風は、正しい解消法の知識を身に着け、日々の生活の中で改善方法を実践し続けていくことで克服できるのです。

>>>痛風を最短で解消するレポート

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。